中古コピー機 部品交換事例

部品交換事例

出荷前調整中です
メインの現像部分の取り外しです。 手前にある4本の部品が現像部分のパーツです。

今回交換したのが「ブレード」と呼ばれる部品で印刷後に残ったトナーを除去する部品です。(車のワイパーの様な役割) これが劣化しており、トナー拭き残りがあったのです。 部品交換後もコピー用紙の搬送部(カセットから吸上げる部分)の清掃を実施

これは原稿を自動で送る部分(ADF)の清掃をしています。 テスト用の原稿をコピーして画質の確認。
通常の動作確認で1時間ほどですが、今回は部品の交換がありましたので、1時間半ほどかかりました。
お電話でのお問い合わせ 0120-158-557 メールでのお問い合わせ
お問い合わせフォームへ